2009年09月03日

はじめての出産奮闘記





posted by 日本の母 at 00:24| Comment(0) | 出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出産育児一時金(事前申請)で困ったこと

出産育児一時金(事前申請)で困ったこと

posted by 日本の母 at 00:20| Comment(0) | 出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

育児の大変さについての生の声

「出産後(0歳〜2歳くらい)の育児で大変だったことってなんですか?」

アンケートデータです。

 
・出産後(0歳〜2歳くらい)の育児で大変だったことのランキング表
 
・アンケートの自由回答内容
 
・集計データに関する概要

をエクセル2003でご提供いたします。


子どもを持つのは幸せ?ツライ?「育児の大変さ」について生の声を募集


少子化対策が進められる一方で、「赤ちゃんポスト」や「育児放棄」がニュースになる昨今。

女性が子どもを産まない理由に、仕事との両立や育児ノイローゼへの不安があります。


アンケートデータバンクでは、あえて「育児の辛さ」の体験談を集めてみました。
(回答数は554件、うち女性が438件・男性が116件)

どんなことに悩み、苦労したか。集まった回答には働く女性が増えた時代背景や、それでも子どもを持つ喜びを感じさせる声がありました。


「育児のしんどさってどんなもの?」と悩む人の予習にもオススメです。


(データ概要)

  調査主体 :アンケートデータバンク
  集計期間 :2006/01/30〜2006/3/8
  集計場所 :協力サイト上
  対象者  :サイト訪問者
  質問内容 :出産後(0歳〜2歳くらい)の育児で大変だったことってなんですか?
  回答数  :554(女性 438 男性 116)
  データ形式:エクセル2003で作成


出産後(0歳〜2歳くらい)の育児で大変だったことってなんですか?アンケートデータ
タグ:育児
posted by 日本の母 at 00:59| Comment(0) | 出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

女性特有保険はサポート力に優れています

女性特有保険とは、女性特有の病気に対しての保障をしてくれる保険のことです。

女性特有保険ではその名の通り、対象を女性限定にしています。女性限定にすることで、女性特有保険では女性特有の病気に対して、通常の医療用保険より給付金などのサポート力に優れています。

女性特有保険に加入する際は、まず自分のライフスタイルを考えてみましょう。女性特有保険では、一定期間ごとにキャッシュバックなどの嬉しい特典があるものもあります。

また女性特有保険では、何か自分の体に心配ごとがあった時に相談にのってくれる専用等口があるものもあります。

キャッシュバックなどの特典はいらないから、女性特有保険の保障内容を充実したいなど、ライフスタイルを考えながら自分に合った女性特有保険をサイトで探してみると良いでしょう。

女性特有保険で適用される保障には様々なものがあります。子宮がんや乳がんなど、女性にとって一番怖い病気も、もちろん女性特有保険の対象内です。

また女性にとって欠く事の出来ない一大イベントである妊娠や分娩時の問題に対するサポートをしてくれる女性特有保険もあります。

独身だからと言って婦人科系の病気にかからないとは言えませんよね。
子宮内膜症などは年齢に関係ないと言われるもののひとつで、女性特有保険はきちんとそれをカバーしてくれるようです。

さら生殖器系だけでなく、関節リウマチなどの病気にも女性特有保険のなかには保障してくれるものもあるようです。

独身や既婚に関わらず女性であれば、自分の体を守る為にも女性特有保険を考えてみるとよいと思います。

女性特有保険は女性専用ですが、女性特有の病気のみをサポートするものではありません。普通の医療用保険のように、普通のケガや入院なども女性特有保険では保障してくれます。

ただ女性専用ということで、特に女性特有の病気に対してのサポート力が普通の医療用保険に比べ優れているというこだわりが女性特有保険にはあるようです。

女性特有保険には保障期間を一生涯と定めたものや、一定の期間だけとしたものがあります。また一般の医療用保険のなかにも、特約として女性特有の病気に対してのサポートを行っているものもあります。

医療用保険は生き物で日々保障内容も進化していきますから、自分のライフスタイルに合わせて女性特有保険を選ぶとよいと思います。

女性特有保険は、女性としてのあなたを支える強い味方です。自分のライフスタイルや様々なサポート内容とを照らしあわせながら、自分にあった女性特有保険を探してみましょう。

posted by 日本の母 at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

出産と健康保険制度について

出産と健康保険制度について気になることを調べてみました。実は病気になったときに必要な健康保険制度は、妊娠や出産には適用されません。妊娠や出産は病気ではないからです。適用されないとはいっても、何か異常があったときは、もちろん保険は適用となりますので、さらに高額な費用を支払うといった心配はありません。

病院での検査や定期健診代、分娩にかかる費用は、全額負担となります。妊娠や出産は、病気ではないので、保険がきかないからです。検査で異常が出たときや、出産のときの帝王切開や吸引分娩は、保険は適用になるので安心です。

健康保険は、病気の場合に適用される制度です。妊娠や出産は、病気ではないので、健康保険は適用されません。検査や定期健診の費用は、全額負担となります。しかし、検査で異常が出た場合や、帝王切開などにになったときは、保険が適用されるので心配ありません。

妊娠や出産は、健康保険がきかないので全額負担しなければいけません。検査代や定期健診代だけでもかなりの費用がかかるのに、何か異常があったときや帝王切開になった時は、さらにお金が必要なのかと心配になるかもしれませんが、大丈夫です。そのような時は、保険が適用されるので、さらに多額の費用を支払う心配はないのです。

妊娠や出産の通常の検査や検診、分娩は、病気ではないので健康保険は適用されません。しかし、検査で異常が出た場合やお産の時の帝王切開や鉗子・吸引分娩は、保険が適用されるので、さらに費用がかかる心配はなく、実際に多額の費用を払うということはありません。しっかりと確認してから出産に臨みましょう。
posted by 日本の母 at 11:46| Comment(0) | 出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。